キッズ脱毛とは

キッズ脱毛とは、その名の通り「子供」が脱毛を行なうことを言います。子供と言いましても「高校生」や「中学生」などの「思春期」の子供たちではなく、主に「小学生」を指します。女性の脱毛から始まり、今では「メンズ脱毛」も主流となってきましたが、これからは「キッズ脱毛」の時代がやってくるのです。では何故「キッズ脱毛」が増えているのか?その背景を説明していきたいと思います。

ムダ毛に悩む子供が増えている

スマホやSNS、4Kテレビ、バーチャルなど、時代が進化していくと共に、子供たちの「美意識」も高くなり、今では「ムダ毛」に本気で悩む小学生が増えてきています。また、その子供たちの母親も、自身がムダ毛に悩んだ過去を持つ人が多く、脱毛をして悩みが解消されたという経験から「子供にも脱毛をさせてあげたい」という考えが生まれ、「キッズ脱毛」というものが注目を浴びるようになってきました。

脱毛サロンの価格競争

一昔前の脱毛サロンは、とても子供が通えるような価格設定ではなく、大人でも通うのに一苦労するほど高額なものでした。しかし、脱毛技術の進歩や低価格化などが進み、今では脱毛業界での「価格競争」が激しさを増しています。価格競争により、子供でも通わせられる価格設定になったことが、キッズ脱毛の人気に拍車をかけた一つの要因とも言えます。

子供が通える脱毛サロン

人気の脱毛サロンと言えば「銀座カラー」や「ミュゼプラチナム」などがありますが、これらは「16歳以上」と年齢制限を設けています。では、どの脱毛サロンであれば「キッズ脱毛」に対応しているのか?ここでは、小学生が通える脱毛サロンを紹介していきます。

3歳から通える「ディオーネ」

全国に店舗を展開する「ディオーネ」という脱毛サロンは、なんと「3歳」から脱毛に通うことが出来ます。ディオーネは創業当初から「女性向け脱毛」と「キッズ向け脱毛」の両方を展開しており、「ハイパースキン脱毛」という独自の脱毛方法は、従来の機器のように「毛根」や「毛」にアプローチするものではないため、毛の濃さや太さがない「産毛」にも対応が可能な脱毛方法です。

7歳から通える「エピレ」

脱毛サロン「エピレ」は、大手エステサロン「TBC」系列の脱毛サロンで全国に展開しており、「7歳」から脱毛に通うことが出来ます。エピレの脱毛は、黒い色素であるメラニンに反応させて脱毛をする手法のため、通常の「光脱毛」と一緒です。大人と同じ出力で脱毛をするのかどうかですが、エピレでは「年齢は関係なく、肌の状態や色、毛質によってパワーを変える。もともと肌に優しい脱毛機のため、7歳からでも使用が可能」という、小学生でも利用できる脱毛機を使用していることが特徴です。